はじめに

シミ消し効果が高いことで知られているのが、ハイドロキノンです。どうしてシミ消し効果があるのか、ハイドロキノンを使う上での注意点、ハイドロキノンクリームの上手な選び方、おすすめのハイドロキノンクリームなどをお伝えしていきます。

目次

1)ハイドロキノンはどうしてシミ消し効果があるのか
2)ハイドロキノンはシミ予防効果もある
3)ハイドロキノンには副作用がある?
4)ハイドロキノンクリーム市販品の上手な選び方
5)ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は低刺激でおすすめ

1)ハイドロキノンはどうしてシミ消し効果があるのか

出来てしまったシミを消すには、ハイドロキノンが効果があります。アルブチンやトラネキサム酸、コウジ酸などは美白化粧品によく使われている成分ですが、じつはこれらにはシミ予防効果はありますが、出来てしまったシミを消す効果はないのです。一生懸命に美白化粧品を使ってもシミが無くならないのは、こういった成分のものを使っているからなのです。

 

ではなぜ、ハイドロキノンにはシミを消す効果があるのでしょうか。シミというのは、過剰に作られたメラニンが、角化細胞のケラチノサイトに蓄積されたものです。シミを消すためには、このメラニンを還元する必要があるのです。ハイドロキノンには、メラニンの還元作用があります。ですから、出来てしまったシミを消すことが出来るのです。ハイドロキノンは、アルブチンやトラネキサム酸、コウジ酸などの美白成分の、100倍もの美白効果があるといわれています。シミを消したいと思っている方は、ハイドロキノンが配合された美白化粧品を使うのがおすすめです。

2)ハイドロキノンはシミ予防効果もある

ハイドロキノンにはシミ消し効果だけではなく、シミ予防効果もあります。シミというのは、肌が紫外線や摩擦などの刺激を受けた時に、メラノサイト活性因子のプラスタミンなどが生産され、それがメラニン生成酵素のチロシナーゼを活性化して、メラニンが過剰に作られることによって出来ます。過剰に作られてしまったメラニンが、ケラチノサイトに留まることでシミとなってしまうのです。

 

ハイドロキノンは、メラニン生成に関係するチロシナーゼやメラノサイトの活性を抑える働きがあるのです。メラニンが作られるのを抑える作用があるので、新しくシミが出来るのを予防することが出来るのです。

 

シミ予防効果とシミ消し効果の両方があるハイドロキノンは、シミに悩む方の強い見方といえるでしょう。

3)ハイドロキノンには副作用がある?

シミには効果が高いハイドロキノンですが、それだけ強い成分でもあるわけです。副作用もあるので、ハイドロキノンを使う上では気をつけなければならないこともあります。

 

◎刺激が強い
ハイドロキノンは、刺激が強い成分です。人によっては肌が赤くなったり、炎症を起こして熱をもったり、かゆみが出たり、吹き出物が出来たりすることがあります。高濃度のものほど刺激が強いので、肌の弱い方は低濃度のものを選んでください。

 

◎安定性が悪い
ハイドロキノンは、安定性が悪く酸化しやすいという性質を持っています。酸化した時に出来るベンゾキノンという成分は、毒性が強くて肌を刺激してしまいます。ハイドロキノンが酸化しないように、使用後はしっかりと封をして冷暗所にしまいましょう。

 

◎白斑が出来る
ハイドロキノン濃度が5%以上のものを使うと、白斑が出来てしまうことがあります。白斑というのは、肌の一部が白くなってしまうことです。ハイドロキノン濃度が5%未満のものでは、白斑が出来た前例はありません。5%以上のものは必ず医師の指導の下で使ってください。

 

◎紫外線に弱い
ハイドロキノン配合化粧品を塗った状態で、紫外線には当たらないでください。色素沈着の恐れがあります。ハイドロキノンでのお手入れは、夜行った方が安心です。日中使う場合は、紫外線対策を忘れずにしてください。

4)ハイドロキノンクリーム市販品の上手な選び方

ハイドロキノンは副作用もあるため注意が必要なことは、3)ハイドロキノンには副作用がある?でもお話ししました。とはいっても、シミにこれだけ効果のあるハイドロキノンですから、シミに悩む方はぜひ使いたいでしょう。ではハイドロキノンを安心して使うためには、どんなものを選んだら良いのでしょうか。ここでは、市販のハイドロキノンクリームの上手な選び方を解説していきます。

 

ハイドロキノンは、濃度が高いものほど刺激が強くなります。リスクを避けるためには、ハイドロキノン濃度が1〜2%のクリームを選ぶと良いでしょう。ただ、濃度が低いハイドロキノンクリームは、シミ消し効果も低くなってしまうのが難点です。それを解決するためには、濃度が低いものでも、肌への浸透率が高いものを選ぶことです。少ない量のハイドロキノンでも、肌への浸透が良くてケアしたい部分にしっかりと成分が届けば、高いシミ消し効果を得ることが出来るのです。ハイドロキノンクリームを選ぶ際は、ハイドロキノンの濃度だけではなく、浸透率にも注目してください。

 

ハイドロキノンは安定性が低いので酸化しやすく、その際に出来たベンゾキノンが肌を刺激してしまいます。それを避けるためには、ハイドロキノンの安定性を保つように工夫がさたクリームを選ぶと良いでしょう。

 

まとめますと、安心して使える効果の高いハイドロキノンクリームを選ぶためには、濃度、浸透率、安定性に注目する必要があるということになります。

5)ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は低刺激でおすすめ

副作用が少なく安心して使えるハイドロキノンクリームの選び方を、4)ハイドロキノンクリーム市販品の上手な選び方でご紹介しました。そこで当サイトがおすすめしたいハイドロキノンクリームが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。QuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノン配合率が1.9%と低めです。ですが浸透率が高いので、少ない量でもハイドロキノンが確実にメラニンに届き、4%配合と同等のシミ消し効果があるのです。その秘密は、浸透テクノロジーQuSomeです。QuSomeは、医療にも使われている技術です。QuSomeの働きで、ハイドロキノン濃度は低くても、肌の奥までしっかりと届けることが出来るのです。また、QuSomeカプセルでハイドロキノンをすっぽりと包んでいるので、ハイドロキノンの安定性も高く、刺激も少ないのです。濃度が低くて安定性も高いので、他のハイドロキノンクリームは刺激が強くて使えなかったという方でも、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9ならば大丈夫だったという声が多く聞かれます。

 

ビーグレンはアメリカの会社で、ハイドロキノン配合化粧品を10年販売しているという実績があります。製造は日本で行われ、製品も日本人の肌に合わせて薬学博士のケラー氏が開発していますから安心です。365日稼働のカスタマーセンターもあるので、疑問点はいつでも問い合わせることが出来ます。また、365日返金可能というのも、ビーグレンの製品に対する自信の表れでしょう。

 

ビーグレンには、お肌の悩みに合わせて8タイプのトライアルセットが用意されています。シミやくすみにお悩みの方には、QuSomeホワイトクリーム1.9も入っているホワイトケアセットが良いでしょう。5ステップのアイテムが入って1800円は、かなりお得です。

 

いつまでも若々しくいたい女性にとって、シミは大敵です。シミの予防はもちろん、今あるシミのケアもきちんとすることが大切になってきます。ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9で、あなたもシミのない美しいお肌を手に入れて下さい。